特定非営利活動法人 マンション再生・建て替え・支援センター

マンション再生:大規模修繕か建替か

大規模修繕か、再生か、建替かの診断

・マンションの老朽度の判定
・マンションの構造安全性の判定、耐震診断の作成
・マンションの避難安全性の検討、改修計画の作成

マンションの建替、再生とは

マンションの建替

マンションの建替は、自主再建方式・事業代行方式・土地建物譲渡方式(等価交換方式)・借地マンション方式等、色々な手法があります。

マンション再生

マンションの再生は、広義の意味と狭義の意味があります。
広義では、大規模修繕やグレードアップ、建替などのすべての改修行為が入ります。
狭義におけるマンションの再生は、建物を取り壊さないで躯体の状態(スケルトン)にして改修を行うことです。

マンション再生計画の作成・工事発注のサポート

 


国土交通省は、平成15年1月にマンションの建替の円滑化等に関する法律の制定を受け「マンションの建替か修繕かを判断するためのマニュアル」を作成し、建替を進めるか、修繕によって維持保全を行うかを判断する技術的指針を示しました。これを判断するには次のようなフローに添って判定します。

老朽度の判定と要求する改善水準の判定

人命に関わる性能

構造安全性

防火、避難安全性

 

要求改善水準の設定
現マンションに対する不満ニーズの把握

躯体、断熱仕様が規定する居住性

設備の水準

エレベーターの設置状況

居住性に関わる性能

 

 
建替の改善効果の把握と費用算定
・建替構想の策定
・工事内容の設定
・改善効果の把握
・要求改善水準の達成度
・建替費用の算定
 
費用対改善効果に基づく建替か修繕かの総合判断
建替
   
 
修繕・改修の改善効果の把握と費用算定
・修繕/改修工事内容の設定
・改善効果の把握
・要求改善水準の達成度
・修繕/改修費用の算定
 
修繕/改修

参考:マンションの建替か修繕かを判断するためのマニュアル(国土交通省)

.


▲このページの最初に戻る
Copyright(C) NPO 法人 マンション再生・建替・支援センター. All Rights Reserved